読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラ開発記録

同人サークル「打算とも名誉とも無縁なもの」の活動記録

【芭蕉】プロモーションってむずかしい

芭蕉 製作日誌

酒呑童子よくアップルチェック通ったな…(挨拶)。

 

どうも、世界観補佐とテキスト担当の芭蕉です。

五月が終わり、今日から六月です。

何が言いたいかというと、もう五月病を言い訳に使えない…。

今の私の心中はさながら太陽戦の花京院です。

f:id:gojira2015-2016:20160601214900j:plain

↑こんな感じ(でもこれ余裕の笑いなんだよな)

 

先日、ゴジラ(仮)のプロモーションの一環として、パラノイアTRPGのリプレイ動画を撮影しました。いつになるかは未定ですが、そのうちニコニコ動画にあげる予定です。その時には見ていただけたら幸いです。

私はカメラマンとしての参加でしたが、なかなかに面白いセッションだったと思います。ブリーフィングルームに行くためにマスドライバーに乗り、案の定死亡するくだりとか最高でした(笑)。

 

見てはいけないものほど…

突然ですが、私はゲーム「ペルソナ2」が好きでして、その脚本家である里見直氏が手がける新作ゲーム「カリギュラ」に結構期待しているんですよ。

カリギュラ」は、見てはいけないものほど見たくなる「カリギュラ現象」を題材にしたゲーム、だそうです。

で、

そのプロモーション方法がちょっとばかり問題になりましたよね。今日のことです。

 

果たして何がいけなかったんですかねー。

架空の人物とはいえ行方不明者をネタにするのは不謹慎ということなのか、

ゲームの広告であることを当初は明記しなかったことが問題なのか。

 

私の大好きな「ほんとにあった!呪いのビデオ」とか「監死カメラ」シリーズは行方不明者一巻に一人くらい出てますけどなんも言われないのに!(まああれは作り物だという視聴者の共通認識がありますが。もちろん私はあれらのものが全て本当のことだと信じております。)

初めからゲームの広告といって打ちだすとそれはそれで面白みが薄れてしまいます。

けれどクレジットを外すと今回のようなことも起こるわけで…。

個人的には、こういった宣伝方法は都市伝説じみてて面白いと思うんですけどね。

ぶっちゃけ言われなくても宣伝だとわかりそうなものですが(ボソッ)